歯の汚れはステインが原因

では、そもそも歯が黄色く着色してしまう原因とは、どのような理由があるのでしょうか。さきほど、食べるものや飲むものの影響が強い、と記述しましたが、具体的な原因として、お茶やコーヒーを飲む、またはタバコをすうことによっても付着してしまう『ステイン』画素の主な原因です。逆に言えば、ステインを除去することができれば、白い歯を取り戻すことができます。

さきほども少し触れましたが、ホワイトニングには、『ホームホワイトニング』という、自宅で行う方法と、『オフィスホワイトニング』という、主に審美歯科などのクリニックで行うことができるホワイトニングがあります。審美歯科で行うことのできるホワイトニングの代表的な施術方法は、最初に歯に付着した歯垢や歯石などの汚れを取り除き、ホワイトニング剤という、専用の漂白剤を塗布する、と言う方法です。これを一回だけでなく、数回にわたって行うことによって、より白い歯を実現できます。これが代表的な方法ですが、他にも、着色の原因となっているステインなどの汚れを浮かせて取り、本来の歯の白さを表現する方法などがあります。これらはとても効果的で、ホームホワイトニングよりも遙かに早い効果が実感できます。